プラハの博物館やギャラリー

プラハの博物館やギャラリーなどの見所の情報

    このページでプラハである最も有名なと最も面白い博物館、ギャラリーなどの見所を日本のお客様に紹介します。
プラハで博物館の歴史はとても長いです。最初は中世時代に貴族や名度のお金持ちは貴重品や色々な面白い物を収集しました。収集したのもで自分のお城、宮殿や家を飾って、お客に見せてあげました。中世時代のボヘミア王国の一番有名な収集者はチェコの王様や神聖ローマ帝国の王帝カレル四世でした。カレル四世はキリスト教の聖人の一部と教会の関係があった重要なものを収集しました。聖人の一部や聖人の物でキリスト教、教会や王国の重要さを高まりました。
プラハの国立ギャラリーの歴史は1796年に始まりました。当時はチェコの貴族達はギャラリーや美術学校を創立されました。20世紀のはじめ頃にギャラリーを国立されて、色々なプライベートの収集を貰ったりどんどん大きくなりました。現在は国立ギャラリーは色々な歴史的な建物で美術収集を展示されてます。
博物館の現代的な歴史は19世紀に国立博物館の創立で始まりました。当時はチェコの国民復化運動のリーダーは国立博物館をプラハで創立されました。現在はスメタナ博物館ドヴォルザーク博物館音楽博物館などの博物館が国立博物館に所属しています。
プラハの博物館やギャラリー以外は有名なかユニークな見学できる建築物もこのページで紹介します。細かい情報のために下のリンクをご利用してください。

国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿 Národní galeie Praha – Veletržní palác: フランスの印象派、1918~1938のチェコ・スロバキアの美術、チェコのモダーンアート
ミュシャ博物館 Mucha Museum: ミュシャの作品、写真、ポスター、油絵
プラハ城の王宮美術館 Obrazárna Pražského hradu: 16世紀のプラハ城の美術収集、ルーベンス、クラナハなど
国民技術博物館 Národní technické muzeum
プラハ市博物館 Muzeum hlavního města Prahy
プラハ交通博物館 Muzeum městské hromadné dopravy v Praze
美術工芸博物館 Uměleckoprůmyslové museum v Praze
スメタナ博物館Muzeum Bedřicha Smetany
ゼマン・カレル博物館 Muzeum Karla Zemana
ドヴォルザーク博物館 Muzeum Antonína Dvořáka
市民会館 Obecní dům アールニューボースタイルで飾られた市民会館はユニークな20世紀の初め頃の建物です。市民会館の見学は可能です。
国立博物館  Národní muzeum
カレル橋の旧市街側の橋塔 Staroměstská mostecká věž
カレル橋の小地区側の塔 Malostranská mostecká věž
火薬塔 Prašná brána
カレル橋博物館  Muzeum Karlova mostu
ロブコヴィツ宮殿 Muzeum Lobkowiczkých sbírek
国立美術館シュワルゼンベルク宮殿  Národní galerie Praha – Schwarzenberský palác: 現在はクローズ、新しい展示を準備します。
国立美術館シュテルンベルク宮殿 Národní galerie Praha – Šternberský palác: ヨーロッパのローマ美術 ~ バロック時代
ストラホフ修道院 Strahovský Klášter
ロレタ教会 Loreta
音楽博物館 Muzeum Hudby
カフカ博物館 Muzeum Franze Kafky

お問い合わせ及びサービスの無料予約は「メール」のボタンをクリックしてください。メールのフォームが開きますので、必要事項を記入して送信してください。こちらで確認しだい早めに回答致します。LINEでのお問い合わせも可能です。以下のQRコードかLINEのIDをご利用ください。
メール送信
電話:+420 603 979 283
Skype: anonenoano

LINEのQRコード
ラインのQRコードborder=
LINEのID
anonenihongonosabisu

リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 チェコの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告