ロージェンベルク宮殿(Rožmberský palác)

ロージェンベルク宮殿の情報

    ロージェンベルク宮殿は16世紀にロジェンベルク家で建てられたルネサンス様式の宮殿です。16と17世紀に宮殿は南ボヘミアにあるチェスキー・クルムロフ城を所持していたロジェンベルク家に使われていました。18世紀の中頃は宮殿はマリア・テレジアで創立された貴族少女学校の建物になりました。社会主義時代には宮殿を内政部により使われ、そして建て変えられました。2010年に宮殿の修復が終わった後、宮殿はプラハ城の見所になりました。宮殿では貴族少女学校の物やロジェンベルク家の物聖ビート大聖堂のあまどいが展示されています。

開館時間、アクセス、入場料などの情報


2010年5月から2011年5月まで黄金の小道は修復中ので見学は不可能
毎日 9:00-18:00(11月から4月まで9:00-16:00)
無し
プラハ城の大コースに含まれています
大人:60コルナ
子供や年寄り60コルナ
10コルナかユーロの50セント


市内観光周辺観光観光バスリムジンカー
コンサートの予約
割引
プラハの交通治安│ 

イベント予約



人形劇
コンサート
クルーズ
ブラックライト・シエーター
キャバレー
ディナー・コンサート
レストラン予約

あなたのホテルを予約する





リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
キャラクターグッズ
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告